そもそも身体の中に蓄積してまう毒というのはどんな物質で、その「毒素」とやらは果たして「デトックス」の効果で体外へ排出されるのだろうか?アイメイクを落とす時にしっかり落としたいがためにゴシゴシと強くこするように洗い続けていると目の周りの肌が傷ついたり酷い場合は炎症を起こしたりして色素沈着し、目の隈の元凶となります。

美容雑誌でリンパ液の滞りの代名詞のように書かれている「むくみ」には大別して、身体のどこかに病気が隠れている浮腫と、なにも病気を持っていない人でも発生する浮腫があると広く知られている。
ドライ肌は、肌に含まれるセラミドと皮脂分泌の量が水準値よりも低落することで、皮膚にある潤いが蒸発し、表面の角質層がパリパリになる症状を言い表しています。

容姿を整えることで気分が良くなりゆとりができるのは、顔に悩みの有る人も無い人も一緒のことです。

私たちはメイクを自分の内面から元気になれる最良の技術だと考えているのです。

どこにも問題のない健康な人に起こる浮腫だが、これは浮腫んで当然。
ことに女性は、脹脛のむくみを防ぎたがるが、人なら、下半身のむくみ自体はいたって一般的な状態なのだ。
さらに日々の暮らしのストレスで、心にも毒素はどんどん降り積もり、同時に体の不調も引き起こしてしまう。
「心も体も毒まみれ」というような感覚が、多くの人をデトックスに駆り立てるのだろう。
残業、終電帰りの飲み会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・翌日のお弁当作りや食事の準備…。